恐竜はボードやスキーが好きだったあ?

2018/02/16

Category: General
Posted by: b02
このところ冷え込んでいるウィスラー。

先日は冷え込んだあいだを縫っての11cmの新雪。
null

良い天気が続いていたので、森林限界下は固く締まった雪の上の軽い11cmだったのでちょっとややこしい感じだが、森林限界上ではとっても良い感じだった。

ゲレンデからちょっとハイクするだけで、20ターンぐらいのパウダーをたのしめる7thヘブンのリッジは、最近人気のスポットのようでハイクする姿をよく見かける。
null

もちろんブラッコム山からのバックカントリー入り口。通称ブラッコムHWYと呼ばれるハイクアップコースにもたくさんの人が上っている。
null

そこから7thヘブン側に滑り降りる通称DOA(Dead on Arrival:mid1980s-Danny Redford and Trevor Peterson )と呼ばれる、超急斜面のクーロアールもとても人気な日帰りバックカントリーコースだ。
null

数日前のブラッコム氷河では、ダブルブラックのブローホールに子供達が群がっていた。クリフと書かれた標識のそばで、一人ずつ降りていく仲間を見守るキッズたちにはたくましさを感じる。
とてもウィスラーらしい風景だ。
null
null


ところで先日、ブラッコム山の上のマジックキャッスルでは「恐竜注意」の看板が立てられていたことあった。
null

看板手前では、「恐竜はスキーヤーやボーダーを食べちゃう」と係りの人が言うので、そこにいたキッズたちはお互いに「お前先に行け」と譲り合っていた。


中に入るとキャッスル周辺には溶岩が?
null


入ってみるとそこには恐竜。
見守るスタッフの中にはゴジラもいいた。
null

本格的な恐竜くんで、キッズなら食べられちゃうサイズ。
null

遊び心満載。

だけど恐竜は、本当はスキーやボードがしたいんだと言うことがわかった。

先日ビレッジで、2頭の恐竜が楽しそうにスキーとボードを抱えて歩いていた。
null

今年、「ウィスラー山、ブラッコム山は火山ではありませんか?」と聞かれたことがあるけど、今度「恐竜が出ることがあります」と答えることにしよう。

ジャパウが人気の日本にも恐竜は出現していますか?


ところで、平昌オリンピック真最中。
ウィスラーのセカンダリースクール卒業、CSBAで武者修行をしていた原大智選手が男子モーグルで銅メダル。おめでとうございます。
同じくCSBAで武者修行していたアルペンボードの斯波正樹選手も出場しますので是非応援しましょう。

また、ウィスラーセカンダリースクール卒業、カナダ代表の日系ハーフ、女子スキースロープスタイルのYUKI TSUBOTA選手も注目です。
null


2月15日 晴れ 新雪0cm 積雪281cm 山頂温度−11℃ ビレッジ温度−5℃

温度差100度の冬、そしてさよならウィスラークエスチョン

2018/02/06

Category: General
Posted by: b02
この2週間ほど、気温差が大きくとにかくややこしい天候が続いている。12時間で58cmの新雪、1週間で190cmの新雪は無条件でいいことなのだが、気温が安定していないというのが正直な感想。

そういえば、昨年2月16日にはアルパインで-50℃を記録しているが、今年の1月にはアルパインで44℃を記録している。

null
null

同じ冬なのに温度差が100℃もあるとうのはとても正常とは思えない。
サスティナビリティーが叫ばれているが、やはり地球的規模での暴力的な気候変動に対しては、丈夫な身体を持って対処して行くしかないだろう。

こんなヘンテコな天候では、雪崩の危険も高くなるのだが、時には隙をついてとてもいい雪に当たることも多い。

特に先日のブラッコム氷河はとても良かった。
null
null
null
null

ただ、とても大きな雪崩の跡が残っており、数日クローズドだったのがよくわかる。
null


その数日前はゲレンデ内だがスパンキーやスモークサーモンエリアはとても深いパウダーで、ウィスラーとは思えないほどの軽くて深い雪を楽しんだ。
null
(S: Mitsue McCleen)

そして新年早々飛び込んできた悲しいニュースが、30年来親しまれてきたウィスラーの週刊新聞、ウィスラークエスチョンの廃刊。
従業員はみんなPIQUEという週刊マガジンに移動するらしく誰も職を失なわない。
発展的解消でより充実したPIQUEの紙面を楽しむことができることが期待できる。

ただ、僕にとってはとっても読みやすかったので少々寂しさを禁じ得ない。

こちらが今年発行されたウィスラークエスチョン3紙。これで終わり。
null

しかしながらよく見ると1月9日号の年代が2017年になっている。
ウィスラークエスチョンらしいポカをやらかしての廃刊だ。
null


実はもう一つ幻の新聞で、ウィスラーアンサーというのがあった。
null

ウィスラークエスチョンの滑稽版とも言える新聞だったが。インターネットもない時代、こういった新聞を読むのも楽しみの一つだった。

記憶にあるのが、ウィスラーを代表するアスリート、WC杯で3回の優勝を誇る○ブ○イド氏のこの写真がとても物議を巻き起こした事件だった。
null


「ウィスラーを代表する人がこういう写真を出していいものだろうか?」
というとても正しい投書が、ウィスラークエスチョンに寄せられた。

次の週のウィスラークエスチョンには、○ブ○イド氏の謝罪文が載っていたのを覚えている。

とにかく手作り感満載の新聞紙上だった。
null


最後に、「ウィスラーの名物料理はスシだ」というのが持論なのでウィスラーで楽しめる巻き寿司を紹介。
ウィスラーでは、握りも美味しいが、何と言っても多種多様な巻物がいい。恵方巻きも真っ青です。
null

ウィスラーではサーモンやお肉、プーティーンやナチョス、ピザ、パスタなんでも美味しいけど、是非スシもお試しあれ。

2月5日 雪、時々晴れ間 新雪1cm 積雪297cm 山頂音頭–5℃ ビレッジ温度3℃

1週間で新雪178cm、お祭り騒ぎのウィスラー

2018/01/27

Category: General
Posted by: b02
このところ毎日雪が降っている。
つい先日の新雪58cmのドカ雪から始まってずっと降り続いている。

これだけ雪が降り続くと、当然「今しかないだろう」とクリフジャンプが繰り広げられる。

まずはおなじみのピークエクスプレス。
null

古典落語的な情緒すら感じさせるエアージョーダン。
ファーストクリフ。
null

セカンドクリフ。
null
null

そしてウオーターフォール。
null


次の写真はブラッコム山のグレーシャーエクスプレスでクリフジャンプの練習。
null

初めはスノースクールではないと思っていたが、よく見るとスノースクールだった。
この高さは、スクールとしてはかなりの高さだ。
null

もちろん、新雪が降ったからといってクリフジャンプをしなくてはならないということは一切ない。

また急斜面に行かなければならない理由もない。
のだが、なんだかここぞとばかり、ややこしいラインに入り込む人が多い。

もちろんゲレンデ内だが、手前にはCLIFFと書いてある看板がある。
当然立ち入り禁止ではない。
null

もちろん普通のラインも大人気。
null

パウダーが降ればみんな幸せ。
シンプルな価値観が素晴らしい。

最後に今年のプライドパレード&マーチです。
null
null
実はもっとすごい写真があるのですが、気になる人は個人的にご連絡を。

null12
null
null
null

ウィスラーはダイバーシティー。様々な価値観を含みながら認め合っている。

パウダーに乾杯。

最後にトリビア:
今回の平昌オリンピックにウィスラーのセカンダリースクール卒業生など関係者がが7人出場します。
スキークロスの女子金メダル候補、マリエール・トンプソン選手(前回ソチ5輪も金メダル)、日系ハーフのユキ・ツボタ選手などなど。

是非、応援してください。

1月26日 雪時々晴れ間 新雪14cm  1週間で178cm 席雪297cm
山頂温度−9℃ ビレッジ温度−1℃

新雪58cm!! 雪崩の危険

2018/01/22

Category: General
Posted by: b02
1月21日、新雪が12時間でなんと58cm。積雪も280cmを記録した。
null

しかも朝7時の時点で山頂の温度は44℃である。
null

「雪崩の危険が高い!」と直感した。


実は6年前のほぼ同じ時期、気温が結構高くてビキニで滑っている女性を見かけていた。
null

今日はどんなウエアで行けば良いのか?

そんなことも考えた。

ところが、陽が昇ってみると、山頂の温度は-6℃になっていた。



やはり山の天気は変わりやすい。

普段は森林限界を越えたハイアルパインの雪崩の危険のために、そのエリアはなかなかオープンしないことが多い。

だが今日は、森林限界下でも雪崩の危険が高く(思い当たるエリアはある)、ブラッコム山、ウィスラー山共に雪崩コントロールのために、オープンが1時間ずれ込み9時半過ぎにやっとゴンドラがオープンした。

上ってみると殊のほか雪質は良いのだが、何しろ深すぎる。
突っ込んで行くと板が止まって固められてしまう。
null

良くも悪くもウィスラーらしいチャレンジングは日だった。

折しも週末は雪崩啓蒙のイベントが行われていた。
null
null

モンスターエナジーもタダで飲むこともできた。
null


次の写真は、2017年の5月、ブラッコム山7thヘブンで起きた雪崩の写真だ。
幸いにして、ゲレンデ時間終了後に起きたものなので事故は全くなかったが、やはり雪崩には本当に気をつけなくてはならない。
null
null

普段から命がけで、スキーヤーやスノーボーダーの安全を守ってくれるパトロールやWBスタッフに改めて感謝したい。


最後に、オススメのパイを紹介。

ピークドパイ。

場所はウィスラー、マーケットプレースの方です。
オーストラリア人が始めたので、カンガルー肉のパイを選択。
null

「ピークド」と注文すると、マッシュポテトにクラッシュグリーンピー、そこにグレービーソースをかけて出来上がり。

雪崩れそうです。

null
パイの種類によるがピークドにして$12ぐらい。


1月21日 新雪58cm 1週間で126cm 積雪280cm
      山頂温度-6℃ ビレッジ温度0℃

スダーン・クーラーの話

2018/01/14

Category: General
Posted by: b02
かつて、ブラッコム山の伝説的なレースとしてスダーン・クーラー
スキーレース・ヱキストリームというのがあった。(スダーンレース)
スダーン・クーラーというコース自体がとある雑誌で、世界10大急斜面の一つとして選ばれている42度の急斜面だ。
そこで行われるレースなので、世界で最も急斜面で行われるGSレースと言われていた。
当時のポスターがこちら。(一部)
null 
null
null

30年近く前のポスターだが、ヘルメットを被り滑る姿は、先進性と斬新性があった。

その名前の元となるシルバイン・スダーンは、世界23カ所の超急斜面でのファーストデッセントを行なっている。特に1982年、パキスタンのヒドンピークのスキー滑降はグネスブックにも載っているとのこと。

今回の話は、一時はこの名称を使うことを禁止されていたのだが、今年のゲレンデマップにこの名前が復活したというお話。
null
null

11月のウィスラークエスチョンにもその経緯が載っていたし、ネットでもニュースになっていた。
null
null

僕もこのレースには何度かチャレンジしたことがある。
GSレースでありながら、急斜面すぎて圧雪車がはいれない岩場で、みんなでコースを慣らしながら下見をした。
実際にポールが張られても、すぐ脇が岩場なので、緊張したレースだったことを覚えている。

現在北米で活躍する日本人テレマーカー中○順○さんも、このレースに出ていたと記憶している。しかも彼はその年にテレマークを始めたばかりだったと思う。「すごい人がいるものだな」と驚かされたが、現在の彼の活躍ぶりの一端がその頃から芽生えていたと思う。

先日、このエリア、地図でいうクリフエリアの張り出した雪庇を利用してレスキュートレーニングが行われていた。
null

スダーン・クーラー自体はダブルブラックダイアモンドの超上級コースだが、クリフエリアでは、ゲレンデマップに載らないトリプルブラックダイアモンドのウルトラ超上級コースもある。
null
null
null

さらに、このエリアを使って行われたビッグマウンテン・フリースキーの大会では、スキーベースジャンパーの佐々木大輔さんは、かつてこんな岩の正面を突破してきている。
null

色々な物語がここで生まれたが、このスダーン・クーラーという名前が復活したのはいいことだなあって思う。


最後に、ゲレンデレストランのハンバーガーをご紹介。
ハンバーガーは定番中の定番だ。ゲレンデのバーガーはとにかく肉肉しいのが特徴。満足度の高いバーガーだ。
null
お値段は$15.50


1月14日 晴れ 新雪ocm 1週間で36cm 積雪186cm
山頂温度-2℃ ビレッジ温度1℃
 




Oh Chicken Down.

2018/01/06

Category: General
Posted by: b02
新年が明けて、ウィスラーらしく、ややこしい天気になってきている。
重くてややこしい雪をこねくり回すように滑るのもウィスラーの醍醐味なのでこれはこれでよし。

年末には、今シーズン2回目となるパリーアーク(サンドッグ)がブラッコム山のランデブーにかかるかのように現れた。
null

「パリーアーク」の名前は、これを最初に記録を残したウィリアム・エドワード・パリーに由来するとのこと。
パリーはカナダ沖、北極海の北西航路を1840年4月に探検中、この現象を発見してスケッチしたのが最初の記録とのこと。

そしてブラッコム氷河エリアでは、今年もケイブを見ることができる。
null
null

雪山に暮らしていると、こういう綺麗な自然の風景に出会えてとても嬉しい。

そんな中、1月3日のカナダ全国紙に載っていた記事がこちら。
null

北朝鮮のミサイルがアメリカに届くって、もしかして、カナダの上空を飛んでいくっていうことではないの?

いやいや困ったもんです。

まあ、何かが起こる前に、とりあえずは滑っておきましょう。

数日前、ピークチェアーで並んでいたら、多くの人が、崖を飛んでいた。
中には360を入れてみたり、思い思いに飛ぶ姿を見ることができた。
null


その時に僕は、バンクーバーからきたという老夫婦と一緒にピークチェアーに並んでいた。
崖を飛ぶ人の中で、低いところにチェックを入れて飛んできた人がいた。僕は「巧みにかわして飛んだな」と思ったが、それを見ていた老夫婦のご婦人が“Oh Chicken Down”とため息をつくように言った。

「いや〜、厳しいなあ」って思った。

やはり“Go Big or Go Home”のお国柄なんだって思った。
ホント、崖に立つときは気をつけなくてはいけない。

こちらはフリーライドのチーム。きちんと練習していました。
null


最後に、ウィスラーで評判のクラフトビールをご紹介。
一昨年の夏に、ファンクション・ジャンクションにオープンしたばかりのコーストマウンテンブリューエリー。
バスで行って飲んでくることができます。

ビールの種類の横に○や□、◇、⬆マークが付いている。
null

試飲を頼むと10ドルで自分の好きな4種類のクラフトビールを飲むことができちゃいます。
null
試飲のビールの手前には○、□、◇などのマーク。

これ、とってもオススメです。

1月5日 新雪ocm 積雪178cm 山頂温度0℃ ビレッジ温度−2℃
週末からややこしい雪の予報。

Happy New Year!!

2018/01/02

Category: General
Posted by: b02
あっという間に2017年が過ぎ、2018年に突入。

Happy New Year!!
今年もよろしくお願いいたします。

今回は年末のウィスラーを紹介。

12月21日には、ウィンターソルスティス(冬至)を記念してランタンパレードが行われた。
こんな感じのパレードになるということで行って見た。
null

パレード前の会場には、電飾のプリンスがいて会場を盛り上げる。
null

そして電飾の、、よくわからない人が登場。なんとなく日本の国旗にも見える胸のマーク。
隣は微妙に地味過ぎて、クリスマスイルミネーションに溶け込んでしまったかのような人。
この二人はツートップでパレードの先頭を歩く予定。
null

そして時間になったら、なんとなく始まったパレード。
ランタンもなんとなく持っている感じ。

アナウンスでは、「携帯のフラッシュライトでも良いからつけて歩こう」って呼びかけていたので、僕は携帯フラッシュライトでパレードに参加して見た。
null
null
途中には、微妙にコンセプトのわからない妖精。
null

なんとなく始まり、なんとなく終わったカナダらしいパレードだった。

年末年始はカンファレンスセンターでファミリーエクスペリエンス。
子供達向けにバウンシングキャッスルや、ミニパター、ピンポン台などあり、色々遊べるようになっている。
null
null

クリスマスイブにはシャトーホテル内で賛美歌。
null
ツーリスト向けのクリスマス礼拝も行われた。
null

12月30日は24cmの新雪とあって、長蛇の列。
null

7thヘブンでは、勝手にゴーグルに乗っかるカナダカケス(ウィスキージャック)。
null
彼らはどんどん図々しくなってきている感じ。

ちなみに、このカナダカケスが、正式にカナダの国鳥になったのが2017年のこと。人懐っこくてタフで、カナダ全体で見ることができるので最もふさわしいと、推奨されたとのこと。

山頂では雲海がとても綺麗。
null
ゲレンデでは崖に群がるキッズ達。
null

大晦日の夜にはファイアー&アイスショーが行われ、花火が上がった
今年はビレッジに行かずに、ウィスラーで一番景色の良いところに住んでるといわれるJさん宅で過ごさせてもらった。
null

null

なんとか無事に2017年を過ごせたことに感謝。

そして、2018年の始まり。

今年もよろしくお願いいたします。

1月1日 晴れ、新雪0cm 1週間で56cm 積雪192cm
 年間降雪量499cm 山頂温度0℃ ビレッジ温度−9℃ 

サンタデイ、そしてピッコロ山へ‼︎

2017/12/21

Category: General
Posted by: b02
12月16日はウィスラー恒例のサンタデイ。(先着100名のサンタには一日券が配られる。バンクーバーから朝の3時過ぎに出て来たサンタもいたとのことだ。)

朝の8時半にはたくさんのサンタがラウンドハウス前に集合。
null


みんなで音楽に合わせて踊ったりした後、集合写真。
null

そしてエメラルドエクスプレスまで一緒に滑るのがお約束。
null
null

ラインをはいて滑るこのサンタ? かっこよかったです。
null

サンタはスキーもボードも上手いのがウィスラー。

エメラルドエクスプレスはサンタだらけ。
null

ちなみに、12月7日には、カナダ66ミリオンドル(日本円で約60億円)の投資計画が発表された。そのプロジェクトの一つが、エメラルドエクスプレスの6人乗り計画。
来年は6人乗りでサンタが上がってくるでしょうね。

今回はクリスマスも近いので、最近評判になっているウィスラーのクリスマスイルミネーションを紹介。
null
null

クリスマスイルミネーションといってもウィスラーでは3月のサマータイムまで飾られているので、それまでは綺麗なイルミネーションを見ることができちゃいます。

そして、こんなアクティビティーを紹介。

アイススケートリンク。
オリンピックプラザにオープンしているスケートリンクはなんと無料。貸し靴は$6
滑っている人を見ているとカナダだけあって、アイスホッケーのスケート靴がとても多いのに気がつく。
null



12月17日にはウィスラーの一番奥にあるシンフォニーエクスプレスもオープンした。


このエリアは初中級者から、エクスパートまで楽しめるパウダーエリアだ。
ニューヨークから来た人と話したが、”Everybody love powder””と言っていた。

実は、僕は昼間滑らないで働いていることもあるのだが、その時に「君は滑らないの?」って聞かれることがある。
「もちろん滑ります」って答えたら、「そうだよね、ウィスラーだからね」って笑顔になった。

ここに住んでいると、雪のいい日に滑らないのは、悪いことをしているかのような罪の意識を感じる。
もちろん色々な理由で、休みの日でも滑らない日はある。滑らないからといって責めないでください。

もちろん先日も3cmのパウダーを楽しんだ。3cmと言ったって、あるところにはあるのがウィスラーだ。
null


さて、シンフォニーエクスプレスは,森を抜けながら、森林限界を超える2035mのピッコロ山の頂上まで僕たちを運んでくれる。
null
null

僕はいつも、ガイドの時にピッコロ山の頂上まで来たら、「2035年には、ここにこなくてはならないですね」って説明している。
是非、そうありたいものである。

ダブルブラックダイアモンド(超上級コース)のピッコロファイスはチャレンジングだ。
null

まだまだ岩だらけで、岩を絡めないと滑ってこれないので楽しい。
null

視界の悪い時には特に気をつけなくてはいけないが、コーチについたフリーライドのキッズたちはスルスルスルっといつの間にか滑り降りていた。

やはりキッズは素晴らしい。

ちなみにピッコロ山の隣はフルート山で標高2012m。
2012年にはもちろんクリアした。
とりあえず今の目標はピッコロ山2035m、2035年だろう。

そしてウィスラー山は2182m。ブラッコム山は2284mである。

う〜ん、先は長い。

12月20日 晴れ 新雪16cm 積雪163cm 1週間で39cm
山頂温度−15℃ ビレッジ温度~9℃

240ボルト

2017/12/13

Category: General
Posted by: b02
ウィスラーに正式に電気が通ったのは、ウィスラー山がオープンする少し前だったとの記事がウィスラークエスチョンに載っていた。
null

まあ、産業用の電気などはもう少し早かっただろうけど、学校やキャビン、もしくは個人の家では自分たちのジェネレーターを備えていたり、裏のクリークに水力発電を作ったり、冷蔵庫はプロパンガスだったり、ほんの50数年前のウィスラーは「なんでも自分でやってやろう」というまさにパイオニアな時代だったのだと思う。

電気が来ても、自分の家まで引くか引かないか、そんな論議もあったのではないか?
あって当たり前と思っていても、もしかしたら取捨選択可能な事柄の一つかもしれない。

ところで、ウィスラー山がオープンしてまもなくラウンドハウスができたが、始めは電気もなく、トイレもなく、薪のストーブがあっただけだったそうだ。
これが昔のラウンドハウスの写真。
null

つい先日には、ラウンドハウスのパティオにラウンドハウス・アンブレラバーがオープンした。
null
なんとなく昔のラウンドハウスっぽくていい感じ。

ここから絶景を見ながら飲むお酒はとても美味しいと思う。
null

ラウンドハウスで購入したランチを片手に、ここでお酒を飲みながら贅沢な時間を過ごして見てはどうだろう?



ところで、現在でもウィスラーに住むローカルの家には、薪のストーブが備え付けられていることが多い。「秋の仕事は一冬分の薪割りだ」と忙しそうである。
一般的に、ウィスラーでは暖房も炊事も全て電気でまかなっているので、電気代はバカにならない。
薪のストーブがあれば、何は無くとも炊事から暖房、灯までまかなえてしまう。

自分自身で、最後のセイフティーネットを備えているということはとても心強い事だと思う。

話は更に遡るが、100年前のウィスラーの様子が偲ばれるところが、レインボーパークだ。メインロッジだったレインボーロッジは焼失してしまったが、当時使っていたキャビンはいまだ健在で、用具入れとして現在でも現役だ。
null

窓には当時のアクティビティーの様子が偲ばれる写真が飾られている。
null

メインロッジがあったところは広場になっている。
null

この数日は天気が良く、まるで春のよう。雪質は日差しが弱いためか結構いい感じ。積雪もそれなりにあり、景色を堪能できる。
12月9日には7thヘブンもオープンしてほぼ全面的にゲレンデがオープンした。
null

null

null


ここで閑話休題。
実は借りているアパートメントスイートの電気系トラブルがあって、約半月キャンドルやヘッドライトで生活していた。
11月下旬に日本から帰って来て、電灯をつけたら電球が次々に切れて、まるて呪われているかのようだった。冷蔵庫も洗濯機も使えなかった。
ただ不思議なことにヒーターは動いて、クッキングもできて、インターネットも使えたのでなんとかはなっていた。

一日が終わって家に帰ると真っ暗で、キャンドルとヘッドライトの生活はちょっと辛かった。ついでに包丁で指も切って出血も多かったのでかなり落ち込んだ。
もちろん食料も常温保存のものしか買えなかった。

これがバックカントリーキャンプなら当たり前だが、普通の日常生活だと辛い。

もちろん働かせていただいているところから、「社宅があるよ」と言われたり、友人から「うちに来れば」と言われたり、本当に人の温かさを感じた。

最後にほぼ解決に導いてくれたエレクトリシャンはとても親切だった。

たとえそれが、水曜日の約束だったが、彼もものすごく忙しくて木曜日の朝に来ても。
BC HYDRO(BC州電気会社)の人との約束が午後1時だったのに、「ハイウエイでの作業が忙しかった」と真っ暗になった午後7時過ぎに来てくれても。
null

null

フロントラインのワーカーは本当に立派だ。ジョークで「子供は俺の名前を知らない」と言っていたが、カナダのような寒い地域で、電力がないと致命的になるようなところでは、氷点下の暗闇の中で働く姿が神様のように見えた。

今回のキャンドルとヘッドライトの日常生活は、色々なことを考えさせてくれた。
詳しい原因はわからないが、僕が日本滞在中に大きなストームがあり、僕の住んでいるエリアでは数回にわたって停電があったとのこと。
そのため、120ボルトであるべき箇所が240ボルトの供給になっていて、それが電球を次々に破壊していった。電球が破裂してガラスが飛び散る現象も初めてみた。なかなか得られない経験だ。

恐るべし240ボルト。まあ、とりあえずは無事でよかった。

12月12日 晴れ 新雪0cm 積雪136cm 山頂温度−3℃ ビレッジ温度—2℃

感度良好、雪深し

2017/12/03

Category: General
Posted by: b02
こんにちは。
17-18シーズンのウィスラーがはじまりました。

今シーズンもゆるゆると気ままにウィスラーからの「極パウ」情報を発信していきます。
どうぞ宜しくお願いします。

さて、今年のオフィシャルキックオフイベントは、昨年に引き続きベースキャンプ。
null
null

会場に入るとファイアーピットがあり、山の安全祈願のタルチョがはためいて、ヒマラヤベースキャンプのイメージを演出してくれる。今年も無事にシーズンを楽しめますように。
null

会場では、Dee’s Donutが、揚げたてのドーナツを無料で振舞ってくれている。
null

“More Powder!!”っていうと、シナモンシュガーのパウダーをたくさんふりかけてくれるのでもちろん”More Powder!!”
ビールとドーナッツで今シーズンのキックオフ。

実は今年もオフィシャルキックオフの前に、一週間早くウィスラー山だけオープンしていた。
僕は日本にいたので、その時は滑れなかったが、ほぼトップシーズンに匹敵するぐらいのパウダーで、積雪も一時200cmを超えていた。

その後、ウィスラーらしくややこしい天候が続き、積雪も落ち着いてきたが、シーズンオープンとしては十分な雪の量があり、なかなか上々の滑り出しだった。
null

シーズン頭だけど、あっちこっちに適度に岩場や崖があるので、「とりあえず身近なところから」と、プチクリフジャンプする若者も多い。
null

ブラッコム山のハイアルパインエリアがオープンするのはもうちょっと先。でもバウンダリーになっているので、ゲレンデ外を登って滑るのはあくまで自己責任、Ski At Your Own Riskだ。(12月2日現在)なので、滑りたい人は登ってどんどん滑る。
幸せは歩いてこない。だから歩いて行くんです。
null

今週の週刊誌PIQUEはCARPE DIEM(ラテン語で、「今を楽しめ」)
null

ゲレンデでは、パトロールの人たちがレスキュートレーニング。
null

さあ、思い切りいきましょう。

で、本日12月2日にはウィスラー山のピークチェアーがオープン。
null
null

受け継がれる伝統、例年恒例の風景が現れた。


ビレッジでは少し前に、シーズンイン名物の我楽多市が開催され、滑らない人でもウィンターリゾートを楽しむことができた。
null

そしてシーズン初めの11月23日にはジャスティン・ビーバーがメドウパークスポーツセンターに来て、一緒にホッケーをしたという記事が掲載された。
null

“And it was like, yeah – that’s what it’s all about Whistler. Who cares who you are? Put on your skis, put on your snowboard, put on your skate, whatever you got, and let’s go”
誰であろうとすべりゃ一緒。楽しもうぜ。

本当にウィスラーらしい賑やかなシーズンスタートだ。

感度良好、雪深し。
みんな元気だ、とにかく滑ろう。

最後に特別サービス。
ウィスラーのレジェンダリーレディースの面々。

誰だかわかったら、あなたは相当のウィスラー通です。
世界中から来る人が、ほぼ間違えなく食事をしたり、色々利用したりするところに関係する人たちです。
null 

今シーズンも宜しくです。

12月 2日 雪、希に晴れ間、新雪12cm 積雪162cm 山頂温度−7℃ ビレッジ温度0℃